お役立ち情報

Roncatoの歴史


Valigeria Roncato S.p.A. の歴史


まだ少年だったGiovanni Roncato氏は
彼の父であるAntonio氏が1940年代から
働くラゲッジ工場を手伝い、未来の旅行者が
求める商品を研究していった。

1970年代後半にGiovanni Roncato氏(現会長)が
Valigeria RoncatoS.p.Aを設立。ヨーロッパの
国々の中で初めてラゲッジの組み立て
工場を立ち上げ、アタッシュケースの製造を開始。

この事実は、Roncato社にとって大きな意味を持ち、
全世界においてケース製造の先駆者としての地位
を確立することになりました。

1980年代には、安定した成長を遂げ、旅行者が
求める画期的な商品を研究し、ナイロン、ポリエ
ステルのスーツケースやダッフルバッグを
開発していきました。20年間で合成繊維の
素材を使用したスーツケースやアタッシュ
ケースの製造により会社は飛躍的に成長する。

1990年代、Giovanni Roncato氏は更なる旅行者の
要望に応えるべく、ハードシェルのスーツケース
開発に成功。イタリアにおいて、ポリプロピレンの
インジェクション製法によりRoncato社はイタリア
国内のみならず、海外においてもスーツケース
開発の先駆者となる。

2000年、イタリア産として初めて4輪タイプの
スーツケースを開発。

2004年、多くの旅行者が望む軽くて360度回転
できるスーツケースを開発。その後もRoncatoの
ブランドは常にユーザーの要望に応える
べく開発を続けている。

2010年、軽量で耐久性のある素材ポリカーボ
ネートを本体に使用し、フレーム部分にはポリ
プロピレンを使った極軽のUnoシリーズを発表。
デザイン、機能性、耐久性の全てにこだわった
画期的なイタリア製スーツケースが誕生しました。
この製品は多くのパテントに守られ、現在も
イタリアのRonato社工場で製造されています。

イタリア製としての更なる品質向上を目指し、
ISO9001を取得、同時に環境問題にも取り組ん
でいます。今後も、時代の要望に応えるべく
研究、開発を続けていきます。

Roncato製品は2010年度において、
世界52ヶ国で取扱いされています。

営業日のお知らせ
  • 今日
  • 休日

ページトップへ